スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spa Laqua &夜の道玄坂 おごちそうさまでした

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif


私のブログに遊びにきて下さるみなさん、こんばんは。

今日、私は朝から先のブログにアップしましたように、ポルシェ便にて群馬県から新鮮野菜と精米したてのお米を
配達していただきました。

鮮度のよい美味しいお野菜とコシヒカリを、東京にこられるご都合があう時だったら、
配達していただけるとのことで、
無料配達していただけてうれしかったです。


porusye20110227.jpg

ポルシェのエンジン音も、屋根があく所も格好良かったです!!!

yasai201102271.jpg

rice20110227.jpg


私は身体を休めようと決意し、お気に入りのSpa Laquaにお出かけしました。

適度な休息と、バランスのよいお食事、そして、あとは持ち前の気合いで、
前進あるのみです!!!

laqua20110227.jpg

Spa Laquaで久々に、ハッピーホースさんにマッサージをしていただきました。

今日は週末だからか、Spa Laqua内は、お風呂もバーデン(岩盤浴)も、リラックスコーナーも
驚くほど混んでいました。
ハッピーホースさんの予約も二時間待ちでした。

ハッピーホースさん、いつも私の身体を楽にしていただいて、どうもありがとう。
貴方は本当にマッサージが上手です。

coster20110227.jpg

後楽園の遊園地は、ジェットコースターで先日、事故があって以来、
アトラクションがすべて止まったままです。

動かないジェットコースターや大観覧車、なんだかとてもさみしいです。


帰宅途中、私は渋谷に立ち寄りました。

ちょうど渡邊健太郎さんのビジネスセミナーが終わった時間でした。
私はまだ緊張して長く座っているのが、無理ですので、
今日は健太郎さんのビジネスセミナーには、参加しませんでした。

ですが、道玄坂についた時、ちょうどビジネスセミナー終了後、
みなさんが歩いておられる時、遭遇しました。

新年の御挨拶のみと思い、懇親会に少し顔を出しましたら、
健太郎さんや常連のみなさんに、快く中央の席をあけて誘っていただき、
”元気になってよかったね!”と、お食事をおごっていただきました。

六本木ヒルズのきむたくと私があだ名をつけた格好いいビジネスマンも、
本日、こられていて、いつものごとく、私と大阪弁で、かけあい漫才のような会話を
楽しんでなんだか面白かったです。

私のブログ、楽しんでいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コアラ : 2011/02/28 (月) 08:10:51

マーサーさん、おはようございます。
いつもお心づかいがある素敵なコメントをいただき、どうもありがとうございます。

私がアップした世界蘭展日本大賞の写真を楽しんでいただけて、よかったです。

秋にシンガポールのマリーナベイサンズで、世界蘭会議が開催されるのは、知りませんでした。
シンガポールでも私は会社を経営しておりますので、現地には今後も何度も行きます。

秋の世界蘭会議が開催されているタイミングで行くことができたら、どんな感じだったかご紹介させていただきますね。

クリスマスローズはマーサーさんもおっしゃっているように、うつむいた花姿がかわいらしく清楚でいいですね。

「マーリー・アントワネットの宮廷画家」という興味深い書籍をご紹介いただき、どうもありがとうございました。
手に入れて読ませていただこうと思います。

よい情報や素敵なコメントをいただき、感謝しています。

三寒四温の折から、マーサーさんも体調に気をつけてお過ごし下さいませ。

マーサー : 2011/02/27 (日) 17:36:33

お元気そうで安心しました。

世界ラン展日本大賞の会場写真ありがとうございます。素敵な雰囲気が味わえました。今年の11月には、世界で最大のランのイベント、世界蘭会議がシンガポールで開催されますね。会場はMarina Bay Sandsで、とても素敵なところですね。行かれるようでしたら、会場の写真、楽しみにしています。

がく片の筋状の色合いが素敵なクリスマスローズ、うつむいた花姿が、とても可憐ですね。色の変化を楽しめるヘルボルス・オリエンタリスが好きです。薬草としても使われていたようですね。

新聞で拝見しましたが、「マーリー・アントワネットの宮廷画家」が発刊されているようですね。1755年生まれ、王妃の画家として、自らの絵筆で生き抜いたヴィジェ・ルブランの伝記で彼女が描いたマリー・アントワネットの真実の人間性も垣間見えてくる一冊のようです。

 参考までに・・・石井美樹子著、河出書房新社刊

寒さは今しばらく続きそうです。くれぐれも御身をご自愛されますよう、ご健康をお祈りいたします。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。