FC2ブログ

人生は幼少期で決まる

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif

私のブログに遊びにきて下さるみなさん、おはようございます。

今朝の東京は冷え込みがきつくて、私の庭のバードバスの水も凍っていました。

私は炊き込みご飯を炊いて、今朝も和食の朝食を食べて暖をとりました。

kome20110114.jpg

↑は、今、私が食べているお米です。
東大生が作ったお米を美味しくいただいています。

私は毎年、息子がお世話になっていた幼稚園の園長先生、小学校一年生の時の担任の先生、
ベビーシッターさんに、年賀状をかかさず送り、
年一度、お互いに御挨拶を続けています。

私の息子は、今、東大に通っています。

私はいたらぬ母ですが、幼少期の教育に関してはかなりポイントを押さえて、
他のお母様が我慢できないこともやっていたと思っています。

私は人の人生の大筋は、小学校低学年までに形成されると思っています。

私自身は、かなり変わった教育を親から受けていました。

勉強だけをすればいいという教育を受けてきたので、
幸い、私は勉強が好きだったので、学校の勉強も頑張ったし、
特に、国語に関しては中学時代に模擬試験で全国二位になったことがありました。

親の過剰な期待がなければ、中学卒業文集で予告してように、
あるいは、慶応大学医学部に行き、ブラックジャック(外科医)になっていたかもしれません。

当時、偏差値において、それだけの学力はありました。

思春期の私は親の過剰な期待に反発して、高校時代に理系から文系に進路を変えて、
語学が好きだったので、通訳になることを決意しました。

人生の展開を東京で繰り広げい気持ちは中学時代に決意していたので、
東京の大学に行ったのですが、若い私は都会の楽しさに夢中になり、
おろかなことに大学時代に勉強に没頭することができませんした。

ですが、卒業後、同時通訳養成学校に六年間通い、かなり気合いを入れて勉強をしました。
同時通訳になることを断念したのは、最後に、今、イギリスのBBSで働いている当時私が信頼していた先生に、
”貴方はもしかしたら通訳という仕事に性格的に適性がないのかもしれない”といわれたからです。

私は、それで、語学は自分の武器としてツールで使えたらかまわないと思い、
同時通訳の職につくことを断念しました。

話は戻りますが、私は親の教育で、勉強を推奨してもらったおかげで、
勉強する集中力はかなりあるかと思います。

これは、バラの知識を深める際にも、
ホームページ作成の時のパソコン技術の取得の際にも、
フラワーアレンジメントの技術習得の際にも、
ビジネスで成功したいから今、頑張っている気合いにも、
すべてにつながることですので、
親に対して勉強を推奨してもらったことは、人生において役にたったかと思います。

話は戻り、私は息子に対しては、
親の過剰な期待を一切、与えないように心掛けていました。

かなり放任主義をつらぬいていましたが、
息子が赤ちゃんの頃、幼稚園に通学していた頃、小学校低学年の頃には、
要所において、きちんと息子に道筋を与える助けをしていました。

私の子育ては、息子が小学校三年生の時までで完結し、
あとは、息子が自分で人生の計画をたてて、成功路線を歩んでいきました。

多くの子育て中の方が子供を管理しているような気がするのですが、
親が子供を管理することをしたら、いけないと私は思っています。

いつの日か、もし、機会があれば、私は自分の人生や教育についても、
本を書き、出版したいと思っています。


私のブログ、楽しんでいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

コアラ : 2011/01/16 (日) 09:52:13

小人の小道さん、おはようございます。
レスが遅くなり、申し訳ありませんでした。

コメントをいただき、どうもありがとうございます。
私のブログ記事をほめていただき、うれしいです。

幼少期の教育はとても大事だと私は思っています。
人の人生は幼少期で決まるということは、
私自身も、私の息子に関しても、痛感している事実ですので。

貴方もバラを育てていらっしゃるのですね。
春のバラの季節を楽しみに、寒い中、冬の作業、お互い頑張りましょう。

小人の小道 : 2011/01/14 (金) 09:37:49

はじめまして。
いいお話を読ませていただきました。そして子育てを振り返り反省をしてみたり...。
幼少期の教育って本当に大切ですよね。

それとバラの剪定も参考にさせていただいています。

管理人のみ通知 :

トラックバック