スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

David Austin Japan general manager  講演会 at 金久

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね

私のプログに遊びにきてくださるみなさん、おはようございます。

次の記事は、ハウステンボスのガーデンについてアップしようと思っていたのですが、内容が濃いガーデンなので、時間をかけて丁寧にご紹介ししたいので、後日にさせていただきたく、今日は最新記事をアップします。

昨日、泉佐野にある金久というガーデンショップで、David Austin Japan general manager のルークスティムソンさんの講演会があり、行ってきました。
私はこの講演会をとても楽しみにしていました。

金久さんには、私はクリスマスローズの時期に、何度も足を運んでいます。
関西一、クリスマスローズの品揃えがいいお店だと私は思っています。

金久さんは、クリスマスローズだけでなく、バラ苗、宿根草、山野草、観葉植物、ウィッチフォードの鉢にも力を入れておられて、店内のディスプレイもとてもセンスがいいお勧めのお店です。

お店

店内の風景を少しだけご紹介しますね。

バラ苗コーナー

バラ苗売り場

店内のHaroweenのディスプレイ。

haroween.jpg

クリスマスリースのディスプレイ。

リース

講演会の案内

看板

講演会の前に、ルークスティムソンさんと英語で楽しくおしゃべりしました。
先日行ったハウステンボスのアルバムや、6月に行った軽井沢レイクガーデンのアルバムもお見せし、とても話がはずみました。

お店のERのコーナーで記念写真を撮っていただきました。

ルークと私

講演会はERに関する内容で、イギリスのDavid Austinのお話や、ERに関するいろいろなお話、コンパニオンプランツのお話、質疑応答もあり、とても楽しかったです。

金久さんのホームページのプログに詳しくアップされていますので、よかったら、ご覧ください。
http://kanekyu.sblo.jp/article/32986540.html

講演会の風景を少しだけ。
通訳にDavid Austin Japan の社長の平岡誠さんがきておられました。
平岡さんとも久々の再会で、とてもうれしかったです。

講演会1

ERとあうコンパニオンプランツのご紹介のときのひとこま。

講演会コンパニオンプランツ

いろいろな専門家の意見を元にして、バラ用に開発されたウィッチフォードの鉢のご紹介。
鉢底面には、中央に大きな穴、サイドにも穴があることで、水抜けと通気性がよく、鉢のふちも持ち運びしやすいようにデザインされていて、非常に優れたバラ用の鉢だと私も思いました。

バラ用ウイッチフォード


今日は岐阜の花フェスタ記念公園で、国際ローズコンクールがあるので、ルークも行かれるそうです。
昨日の朝、日本にこられたばかりなので、私はルークがご多忙なのでご心配しましたら、一日寝たら元気になるといっておられました。
ルークはとても素敵な方でした。

ルークスティムソンさん、平岡誠さん、金久のスタッフのみなさん、昨日は素敵な講演会を、どうもありがとうございました。
とても楽しく、勉強になり、うれしかったです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。