スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

excellent!!! なかのバラ祭 信州の素晴らしい薔薇と土壌

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif


私のブログに遊びにきて下さるみなさん、こんばんは。

ブログの更新に少し間があきました。

花フェスタ記念公園の春のバラの続きのブログと、バラクライングリッシュガーデンのブログを順を追って、

書く予定でしたが、今日、大感激したバラ園があり、先に書かせていただきます。

poster20130608.jpg

今日、私は早朝に軽井沢を出発して、なかのバラ祭に行ってきました。

長野県中野市の一本木公園が、なかのバラ祭の会場でした。

バラ祭のイベントの一環で、なかのローズカップというアレンジメントのコンテストがあり、

二作品出展しました。

なかのバラ祭のことは、昨日の信濃毎日新聞の夕刊にも、記事で紹介されていました。

以下、信濃毎日新聞6月7日夕刊より引用させていただきます。

sinbunbig20130608.jpg

sinbun20130608.jpg

今日はバラ園は六分咲きで、薄曇りの絶好のバラ日和の一日でした。

私はコンテストに出展している関係で、デイパスをいただき、半日バラ園を堪能させていただきました。

201306088.jpg

信州長野県なかの市のバラは、実に素晴らしかったです。

肥沃な土壌がバラの成長を促進しているのだと思いました。

今まで私は、自分が行った日本のバラ園の中で、岐阜県可児市にある花フェスタ記念公園が一番素晴らしいバラ園

だと思っていたのですが、一本木公園のバラ園は英国のバラ園のようで、久しぶりに大感激しました。

少し、バラ園で撮影した写真をご紹介させていただきます。

201306089.jpg

paul20130608.jpg

201306085.jpg

201306086.jpg

201306087.jpg

201306082.jpg

201306084.jpg

今日は、関西で長年、ローズセミナーでお世話になっていたバラの師匠、京阪園芸の小山内健先生が、

なかのバラ祭に講演しにこられる日でした。

osa201306081.jpg

小山内先生、楽しくためになるお話をどうもありがとうございました。

質疑応答の折、私の質問にも丁寧に答えていただき、うれしかったです。

osanaisan20130608.jpg

最後に、バラ園で、大好きなポールズヒマラヤンムスクの下で撮っていただいた記念写真です。

koala20130608.jpg

なかのバラ祭は、私の一押しです。

今後の予定で決まったことをお知らせさせていただきます。

8月4日から9月1日まで、軽井沢夏のクラフトアート展参加 (ギャラリー花の妖精、南軽井沢)

8月8日より、Salon of Rose Karuizawa produced by Motoko Minami営業開始

Salon of Rose Karuizawa produced by Motoko Minamiに関しましては、
軽井沢ヴィネット夏号、軽井沢新聞7、8、9月号に広告掲載、
今月中にプレスリリースを再度、配信します。


Salon of Rose Karuizawa produced by Motoko Minamiは、オールドローズとランブラーローズと
FG Roseを主とした、樹木、宿根草、オブジェのある軽井沢の気候にあう植物で作ったナチュラルガーデンを
造園中です。

イメージ的には、規模は大きく異なりますが、イギリス、コッツウォルズにあるSnow hills Manor Garsdenの感じを少し再現するようデザインしています。

サロンでは、当初は、花関係の各種セミナーと、おしゃれ雑貨や海外から輸入した素敵なものの物販、
将来的には、カフェ事業、エステ事業展開を予定しております。

外注で、造園、各種セミナー、イベントや海外花関係ツアーの企画も承ります。

また今後も海外での活動も継続していきます。

現在、サロンのホームページをあらたに作成中ですので、お楽しみになさっていてくださいませ。

話は変わり、3月28日深夜0時に成城の本社&自宅が全焼しましたことは、先のブログに書かせていただきました。

その件で、某大手電機メーカーと弁護士を入れて、損賠賠償のやりとりをしております。

いまだ成城の火災のあと、軽井沢にひきあげてきたいろいろな残ったものの片づけも、

心ある佐久や軽井沢の方たちが手伝ってくださっていて、私は今回、人に恵まれている自分は幸せだと痛感し、

かつ、助けていただいている方たちに感謝しています。

Salon of Rose Karuizawa produced by Motoko Minamiのオープンに向けて、頑張りますので、

どうかこの花のある暮らしの読者のみなさまも、応援していただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

Flower Desidner & Rose Concierge

日本エステシャン協会&CIDESCO international認定エステシャン

Salon of Rose Karuizawa produced by Motoko Minami

President of Flora Moko Cooporation

Motoko Minami

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/09 08:47) from ケノーベル エージェント
可児市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 >>READ

2013.06.09

>>ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/09 09:20) from ケノーベル エージェント
中野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 >>READ

2013.06.09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。