スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百段階段雛祭り 目黒雅叙園 越後、信州、栃木、ひな紀行

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif



私のブログに遊びにきて下さるみなさん、こんばんは。

私は今朝、軽井沢を出て、東京に戻ってきました。

asama201302211.jpg

今日も軽井沢は美しい青空が広がり、浅間山の雄大な姿を眺めることができ、英気をいただきました。

今回、軽井沢で大事な用件を果たすことができ、お天気もよく、よかったです。

午前中に都内に戻り、夜、所用で都内に早めに出ましたので、毎年、楽しみにしている目黒雅叙園の百段雛祭りを見に行きました。

poster20130221.jpg

今年の目黒雅叙園雛祭りは、越後、信州、栃木からのお雛様が展示されていました。

百段階段の展示会で、一年で一番人気があり、混みあうのがこの百段雛祭りです。

今日、私が行ったときは、幸い、すいていたのでよかったです。

hina20130221.jpg

百段階段の中は、撮影禁止ですので、私が見た感想を書かせていただきます。

g201302213.jpg

百段階段の一番上の部屋には、信州の中野土人形が展されていました。

中野土人形は今、作り手の方が三名だけで、希少な人形です。

雛人形と縁起物の人形が展示されていて、申し込みをしたら会期終了後、抽選で当たれば買うことができるように
なっていました。

縁起物の人形がすごく可愛らしかったです。

g201302212.jpg

信州の雛人形は、陣屋町中野と松本、上田、須坂の雛人形が展示されていました。

私が今回の百段雛人形で一番いいと思ったのは、信州須坂の豪商田中本家の雛人形でした。

雛人形を出すのに一か月、雛蔵にしまうのに三か月かけて丁寧に長年展示される、非常に上品で素晴らしい

雛人形、大正時代の紫宸殿が特に興味をそそられました。

雅叙園の方にお話をお伺いしたとろ、

長野県須坂市にある豪商田中本家博物館で、4月7日まで”吉徳これくしょんと語り継がれる雛人形”という

展示会が開催されていて、入場料無料とのこと、折を見て行ってみようと思いました。

g201302211.jpg

押絵の雛人形や、木製の雛人形、古今雛、その他、それぞれの雛人形に品格と歴史を感じました。

美しいものを見ることは、フラワーアートの作品制作においてもヒントやインスピレーションを得ることが

できますので、私は努めてよいと思う展示会を見に行くようにしております。


Flower Desidner & Rose Concierge

President of Flora Moko Cooporation

Motoko Minami

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。