スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Morning in コッツウォルズ

花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif

私のブログに遊びにきて下さるみなさん、こんばんは。

私が今、滞在しているイギリスのコッツウォルズは、朝10時30分です。

今朝、宿泊しているホテルの敷地内で、撮影した写真を少しアップしますね。

rose201106059.jpg

rose201106053.jpg

rose201106051.jpg

rose201106052.jpg

rose201106054.jpg

敷地内でも、バラがきれいに咲いていて、幸せな気持ちになりました。

パリは暑かったので息苦しい感じで、私はバガテル公園では、帰りのタクシーを待っている間、
公園の方が私がばてているのに気がついて、いすをもってきて、気遣ってくださるご厚意を受けました。

バガテルから乗ったタクシーの中でも、ばてて目的地までタクシーの運転手さんにいって、
横にならせていただいていたようなことでした。

Mercy Beaucoup(ありがとう(フランス語)と、何度、感謝の言葉を伝えたことでしょう。

今いるコッツウォルズは冷涼で、朝は肌寒いくらいです。
小鳥のさえずりが窓の外から聞こえていて、空気も新鮮で心地よいです。

私は今回、急きょ、フランス、イギリス行きを決め、往復のエールフランスのエアラインとパリの最初のホテルだけネットで予約し、現地入りしました。

昨年も、フランス、イギリスに六月にきたとき、体調と相談しながら、現地でネットでホテルを予約し、動きました。

一人旅だからこそできる、自由さは、とても気楽でいいものです。

rose201106055.jpg

rose201106056.jpg

ホテル敷地内では、ラベンダーもたくさん群生していて、近くにいくと、ラベンダーのよい香りが漂っています。

ラベンダーの香りはリラックスできるので、私は大好きです。

rose201106057.jpg

↑の小花が、私はとてもかわいらしいのでずっとしゃがんで眺めていました。

rose201106058.jpg

かわいらしい小花も群生しています。

この花の名前をまた調べて、日本の私の庭でもぜひ、育ててみたいと思っています。

今回、私は当初、まだイギリスのバラの開花期にはやや早いので、コッツウォルズに数日滞在した後、昨年、一昨年も訪れた南のほうの
Mottisfont Abbey GardenやSissingharst Castle Gardenや、まだ行ったことがないロンドン近郊のバラ園を
訪れようかと考えていました。

でも、今回は、休養するのを最優先にすることにして、コッツウォルズのみに滞在することに、今朝、決断しました。

コッツウォルズ近郊にもバラ園はいくつかありますし、なんといってもコッツウォルズは、安らぐ空間です。

また、滞在中に、いい写真が撮れたらブログをアップしますね。

私のブログ、楽しんでいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。


花とガーデニング人気blogランキングへクリックしてね>banner2_2.gif
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。